2020年7月6日月曜日

2089「夏至大祓い4」2020.7.6

 今回の夏至で起きるのは、かに座の新月、部分日食、そして夏至の日で陰から陽へのエネルギーの切り替えです。この特別な夏至では才能が目覚める三位一体のエネルギーとなります。
 つまり6月21日15時41分に、かに座新月になり、三位一体となりそれらが重なるのです。これから起きるであろう変化をより具体的に整理してみます。
ベースは「ライフシフト100年時代の人生戦略」です

 社会が要求する基準が変わります。その基準は、集合的に皆が望んでいるものを具体的に表現する事で、称賛される人を表していますが、毎年流行が変わり、その流行の基準に完全に沿った形で自己表現した人が登場し、人々の注目を浴びることになります。
 しかし見せるに足る能力を持った人でも、力や才能を誇示する気持ちや、社会的な期待に応える為だけに努力すると、1次的な成功しか得られない事になります。
 本物の才能は既存の常識では評価されないものの可能性があるので、迎合すると1次的となるのです。
 今回の日食は大きな入れ替えと浄化のエネルギーです。過去、現在、未来も含めた自分自身と深くつながり直し、夏至の日の様に、それが長く続くことになります。そこでは太陽により今世の目的を取り戻すことになります。そして楽しい事、ワクワクする事に従う事で太陽が輝く様になります。

 そうして自立して自分と深く繋がる事で、好きなパラレルワールドから記憶やエネルギーをダウンロードする事が出来ます。そして超意識と繋がり、自分の才能を皆に役立つ形で発揮出来る様になり、無形財産となっていきます。やがてその自分の無形資産は皆の無形資産となります。
 そこでの自分自身の在り方としては、1つは、「自分なら出来るという認識の自己効力感」、もう一つは、「自ら取り組むという認識の自己主体感」です。
そして変化に必要な無形資産としては、以下の3つがあります。
・生産性資産:スキル、知識、仲間、評判
・活力資産:健康、バランスの取れた生活、自己再生の友人関係
・変身資産:自分についての知識、多様性に富んだネットワーク、新しい経験に対して開かれた姿勢、オープンマインド

 しかし何かをする時のワクワクする情熱が1番の無形資産です。ワクワクする事が本来の自分を表現していて、ハイヤーセルフがOKしている事です。そうしていると自然にスキルや知識が付いてきて、仲間が出来るし、健康にもなれます。ですから日々の生活の中でのワクワク感がとても重要です。
 逆に、嫌々な気持ちで生活しているのが1番のリスクになります。その生き方はこれから1番価値がある無形資産であるワクワクする情熱を放棄している状態です。そして有形資産のお金しか見ていないのは望ましくないことです。

 是までの社会では次の3つのステージがほとんででした。先ず教育を受け、次に仕事をして、やがて年と共に引退をする。多くはこの流れでしたが、これからそれは適用出来なくなります。
 これからは以下の様なスタンスで社会に関わる様になります。
・エクスプローラー:探究者として定職に就かず、若しくは自由が利く仕事をしながら生き方を探索する時間を過ごす。
・インディペンデンス・プロデューサー:独立生産者として自由と柔軟性を重んじて、小さなビジネスを起こす時期。
・ポートフォリオ・ワーカー:様々な仕事や活動を同時並行で携わる時期を過ごす。

 この新しい流れへの「移行期間」があります。ありうる自分と現在の自分との間に違和を感じ、ギャップを感じ始めます。そしてそのギャップを発見し、探索の期間へ向かいます。
 その時に、幅広い年代、多くの業種、多様な生き方の知り合いが身近にいると、自分に合いそうなモデルケースに出会い易くなります。その為には、多様性あるネットワークがあると良いです。
 そして「実験サイドプロジェクト」として、少しずつ仕事の傍らで別の活動を実験的に始めてみるのです。
 最終的に「確認絞り込み」をして、どんな活動が今の自分に適しているかを決めます。やがて納得してそちらに移行して行きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿