2017年11月21日火曜日

1130「宇宙人10」2017,11,21

・地球への転生は自分の意識か、
 生まれ変わると過去生が消えて薄れていきます。そうでないと今世は生きにくいのです。もしも過去生を知っていると、人間関係が大変になります。ですから分からない方が良いです。2~3歳位は過去生のままですから、言うことが面白いです。そこから段々に現次元に入れ替わってきます。
 因果としてそうされる、と考えた方が良いです。魂通りが反映されることもありますが、真逆もあります。過去の生を解消することを強制的にされたものもあります。
 知らない方が良いです。親子、兄弟にさせられて逃げられない状態に置かれています。選べるのは過去生が良く行ったパターンです。
 地球から他星へもあります。他星から地球へは霊団の影響です。その時は自分から行く、あるいは命じられて行くようです。その自覚がある人は霊能者で学ばされる人になります。

・洗脳について
 その目的は恐怖を与える事にあります。軍事教育をして奴隷化していくことも洗脳です。マインドコントロールは繰り返えして、情報を与えるもので、テレビなどのCMや学校教育で行なわれ、人はそう思うようになります。それが世の中に氾濫しています。
 真実を知る為に、洗脳をどう解くかです。まず真実に出会わないと分かりません。誰かにその事を言われないと気づかないのです。
 間違った親の教育などあります。真実を知ると次を選びます。間違った教えを捨てないと洗脳が解けません。今日も新しい情報を提供しましたが受け入れる、入れないは皆さんの自由です。
 私は目的があって情報を提供しています。情報を聞いて誰かが動いてくれたら成功です。

・宗教の祖はどういう思いで広めたのか
 イエスキリストや日本仏教の祖にコンタクトしたことがあります。イエスキリストは善良な人で、命を受けて地球人を指導することになり、目覚めて生きた人でした。しかし多くの祖は大体が苦しんでいます。自分の教えが歪んで行く経緯を知って苦しんでいるのです。日本の新興宗教もそうです。
 キリストは転生しています。日本の多くの祖は転生出来ていません。出口王仁三朗は出来ていません。
 大倭教の矢追日聖さんが指導霊として私に影響を与えていましたが、それは太陽霊団から来ています。
 私は悪魔界に一度落ちて死にました。しかし悪魔と決別して人間界に戻る時の指導霊の1人が矢追日聖さんでした。私はその存在を知らなかったのですが、私の言っている事が日聖さんに似ていると言われて、その存在を知りました。
 野草社のI社長からも日聖さんの存在を聞いて、うまい具合に大日月地神示を出版することになりました。I社長も30年前にある霊能者から(多分、日聖さんかな?)やがてある者が本の出版を頼みに来るので出すように、と言われたそうで、何時かと待っていたそうです。そこで私の本の出版の話を聞いて即、応じたそうです。どうやら始めから出来ていたストーリーだったようです。
 大倭教は日聖さんが死んで教団を終わりにしました。臨在宗の栄西とも話しましたが現在の姿を知って苦しんでいました。自分が作ったものが崩壊していると。

・悪魔を避ける方法
 悪魔の仮装をすると魔を呼ぶので、良いエネルギーの物を身に付けると魔は嫌います。不浄なものを魔は好きで、汚い部屋などは駄目です。綺麗なもの、藍染のようなエネルギーの高い着物が良いです。石、塩など有効なアイテムは沢山あります。

・悪魔霊人に支配されない方法
 難しいです。強いものには関与出来ません。魔に洗脳され、支配された未浄化霊人がいてたちが悪いです。見た目で分からないのです。善の格好をしていて豹変します。霊人の世界では魔の洗脳で瞬間的に変わります。それへの予防策は、正しいことを理解して己を見極めていくことです。
 思考、感情を審神者(さにわ)しながら生きることです。自分で見つめ直す、自問自答することです。感情に流されず、思考に囚われない。どうしてもネガティブな霊人に動かされる事が多いので、知識を得て自分に言い聞かせて生きることです。指導霊の教えを選んでいくこと。魔的なものが入ってくるのでどの選択をするかが大事です。
 常に自分に聞くことです。そのワンポイントをいれるだけで変わります。

0 件のコメント:

コメントを投稿