2018年12月2日日曜日

1506「唱導85周年7」2018,12,2

LOH症候群の定義
LOH症候群の症状および徴候
・リビドー(性欲)と勃起能の質と頻度、とりわけ夜間睡眠時勃起の減退
・知的活動、認知力、見当識の低下および疲労感、抑うつ、短気などに伴う気分変調
・睡眠障害  ・筋容量と筋力低下による除脂肪体重の減少
・内臓脂肪の増加 ・体毛と皮膚の変化
・骨減少症と骨粗鬆症に伴う骨塩量の低下と骨折のリスク増加

テストステロン減少により様々な症状が起こる。 
精神症状 :集中力の低下、無気力、不安感、頭のもやもや感、イライラ感、うつ、疲労感、不眠、記憶力の低下
身体症状:不眠、精力低下、多汗、勃起障害・性機能低下、筋力低下、筋肉痛、ほてり、発汗、頭痛、めまい、耳鳴り、頻尿、Morning erectionの消失


 テステステロンは、リーダーシップを取りチームブレンとして働きます。筋肉を働かせることや、誰かに奢る、お酒仲間がいる事などが有効です。
 人の為、自分の為に、が大事です。病気になってめげない事です。誰かの為に生きるにはオキシトシンが大事になります。

※引用参考資料
 オキシトシン(Oxytocin, OXT)は、視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである (Cys-Tyr-Ile-Gln-Asn-Cys-Pro-Leu-Gly)。「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」とも呼ばれ、ストレスを緩和し幸せな気分をもたらす。2つのシステインとチロシン、イソロイシン、グルタミン、アスパラギンで大きな環を作っており、環の中の2つのシステインのそれぞれの硫黄原子がジスルフィド結合をし、1つのシステインから3つのアミノ酸(プロリン、ロイシン、グリシン)が分岐した構造を取っている。 
 同じく下垂体後葉ホルモンであるバソプレッシンと構造が似ており、アミノ酸2つだけが違う。 
 オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用がある。 
 末梢組織では主に平滑筋の収縮に関与し、分娩時に子宮収縮させる。また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持つ。このため臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめとして、さまざまな医学的場面で使用されてきており、その歴史は長い。最初は女性に特有な機能に必須なホルモンとして発見されたが、その後、男性にも普遍的に存在することが判明している。また、視床下部の室傍核 (PVN) や視索上核 (SON) にあるニューロンから分泌され、下垂体後葉をはじめ様々な脳の部位に作用し機能を調節している。 

 人生を楽しんでいない男性は、楽しんでいる人に比べると脳卒中の死亡率が1.75倍、狭心症・心筋梗塞の死亡率は1,91倍と高くなります。
 セロトニンリッチになる事が重要です。感動し楽しむことが大事です。特に男性はもっと楽天的になることが必要です。

・人生を楽しむ為に
 若年性アルツハイマーに45歳でなった方がいました。自ら家から出て歩いて楽しみました。今は63歳ですが元気で過ごしている。兎に角、人生を楽しむことです。

・守り続けたいこと
 先ず、自分の命は自分で決めること。そして、誰かの為に手を差し伸べること。人間の尊厳の為にするのです。1人1人がどれだけその気になるかが大事です。自己決定し自ら選択して生きる事です。
 真向法はとても理に叶っています。」

 鎌田先生のお話に皆さん傾聴していましたが、とても有意義な研修になりました。




0 件のコメント:

コメントを投稿