2018年11月22日木曜日

1496「陸奥18」2018,11,22

・K、Mさん
「天命塾の旅は久しぶりの参加でした。お世話になりありがとうございました。三陸の旅で直ぐに申し込みましたが、さんまが美味しかったです。鳴石権現社の音の鳴る石が面白かったです。巨石あり、神社、お寺、巨木、博物館と色々盛り込まれている充実した旅でした。」

・O、Yさん
「ありがとうございました。今回の旅はとっても良かったです。音石神社の奥宮に行けて良かったです。今回泊まった宿は碁石海岸の海楽荘と同じ経営でした。イワクラをゆっくり見れて天気にも恵まれて良かったです。」

・A、Kさん
「久しぶりの参加で楽しく過ごせました。ありがとうございました。音石の鳴石権現社は良かったです。石を叩いた音で身体が活性化したのを実感出来て、踊りたくなりました。色々と勉強になりました。宿の温泉で一緒になった地元のおばさんとお話出来たことも良かったです。身近に感じられ、復興の事も聞けて良かったです。」

・S、Aさん
「普通では行けない様な所に連れて行って頂き、盛り沢山で楽しめました。2次会も楽しかったです。そこでの話も面白かったです。12月は参加できませんが来年のツアーを楽しみにしております。」

・T、Sさん
「ありがとうございました。こんかいはK、Mさんも久しぶりに参加でした。驚いた事に、今回の女性は全員独身でした。私以外は戸籍も未使用で、その上、家庭を顧み無い男性3人という面々でした。
 同じところを訪れても、何を視点にするかで見えてくるものが違うので面白いです。木内さんとのこれからの事を考えても、今回参加した未使用の人達との未来の事をも考えて、木内さんが元気な内に何かが出来たら良いな、と思います。
 男性陣も大台に乗る年齢になるとそろそろ楽をさせてあげたいと言う想いもありますが、色々な中で天命塾を通じて得て物を形を変えて還元していって頂くと良いかなと思います。今回は心底、楽しいツアーでした。」

・木内さん
「T、Sさんを見ていて、昔の人の息吹を見た感じがしました。
 こういう事をしていたのだと思い、もっと深く説明していきたい。今回も亡くなった方々の影が見えていた。どっちに居るのか見えなくなって来るのですが、更にどっちの世界を話しているのかも分からなくなる事もあります。
 こっちの世の中に戻して、亡くなった方々を向こうの方に行って頂く様に、上がってくださいと。手で上に上がる様にやってあげると良い。ちゃんと収まる所に収まる事をしたら、と思います。まだまだ、そういう事も兼ねてめいめいの中で見送ってあげる事も必要だと思います。皆さんにもその力があります。」

 ゆっくりと歓談し、共鳴、共感する体験を今回も共有出来、全てを充実した中に終える事が出来ました。木内さんは薬切れのはずなのに全然元気です。毎回の事ですが、天命ツアーでは元気を頂いてお帰り頂けるようです。嬉しい事です。皆さんを仙台駅に送り無事に解散となりました。皆さん色々ありがとうございました。
 次回は11月30日に木内鶴彦講演会です。ツアーは12月1、2日に福島県会津方面に向かう予定です。しかし毎回の事ですが、既にツアーは定員いっぱいです。

 いずれにしても、今大激変の時を迎え、木内さんの構想、事業が着実に実施されてモデルの構築が早くできる事を願っています。仙台天命塾、仙台テンメイは日々の活動実践の継続の中で、いつでも協力していける準備を整えて行きたいものです。先ずは己の健康が第一です。

0 件のコメント:

コメントを投稿