2018年8月29日水曜日

1411「変化変容7」2018,8,29

 15日は1日ワークで、「宇宙の法則実践セミナー2018 ―時空の波乗りトレーニング―」です。朝、ホテルのお迎えに行きましたが、みゆきさんはお元気でスッキリされていました。

 今日のワークへの案内のメッセージは以下です。
「時空の波乗りとは、たくさんある時間軸と空間軸を上手に操りながら、自分が望む時空の波をつかまえて、それを現実のものとするテクニックです。
 そんなことが、果たしてできるのだろうか?と不思議に思うかもしれませんが、実は、それほど難しいことではないのです。たとえば、ポイントの一つに、脳の使い方とイメージのやり方があるのですが、脳の使い方については「脳幹」と「松果体」を開く使い方をするとよいですし、イメージについては量子力学の観点を踏まえることで、さらりと叶うようになってくるのです。
 セミナーでは、このような理論と実践を適切に組み合わせながら、普段の暮らしに使えるような実践的トレーニングをしていく予定です。
 
 具体的なトレーニング内容としては、脳と意識の使い方のレッスン、次元と時空の関係性の解説、構造次元と創造次元の違いと宇宙のBeingについて、天才スイッチを開く方法、最高のパフォーマンスを上げるための身体と心の使い方(ボディワーク)、共感覚開発レッスン、名前と全倍音のワークショップ等をさせていただく予定です。相変わらず盛沢山のテーマではあるのですが、それらは皆、一つの主題に向かって集約されています。それは、自らが創造するものとなって、この地球と世界がより良い方向になるよう、生き様をもって体現していくことです。

 震災から7年が過ぎ、私たちの役割も、次の段階へと進むときが来ているようです。
 より広い宇宙的視野と、細やかな微生物的視野を併せ持ちながら、皆様と共に進んでいきたいと思います。
 きっとあるタイミングでフローの状態が起こるであろう、面白いセミナーとなると思います。皆様とお会い出来ますことを愉しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。」

 ワークの内容を簡単に紹介します。

 「昨日の講演会では慣れない事を話したので途中しんどい事がありました。3度吐いて気合だけで話していました。自分にはあまり興味の無い事ですが、地球のルーツを見つめる事が大事です。日本の古い出雲族の終着点の1つの東北、仙台でこの事を初めて話しました。その為に普段は受けていないエネルギーを受けました。そこにパラレルな世界を見ました。
 沢山のマルチ画面を見ていますが、その中で私に映っていた自分の現実を感じていました。普通は、これは嫌だと思うのですが、沢山ある可能性の中で小さな、薄い可能性を感じて、そこを選んで現実化しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿