2018年8月23日木曜日

1405「変化変容1」2018,8,23

 7月14,15日ははせくらみゆきさんの仙台講演会、ワークでした。その模様を簡単に紹介します。
14日に仙台駅に12時過ぎに出迎えてNGO仙台テンメイの名取農場にお連れしました。みゆきさんが仙台に初めてお越しいただいた2011年の時から、毎年恒例で今年で8回目になります。
 農場ではO農場長が出迎えて再会を喜び、暫し畑の散策、見学です。今年は雨が降らずに水不足で栽培は難儀していますが、テンメイ野菜はしっかり美味しい実りを得ています。
















農場長の楽しみながら日々の農作業、愛深き尽力の賜物です。お気に入りの花を摘み、トマトを賞味してゆったり滋味あふれ、エネルギーに満ち満ちた農場を満喫頂きました。そして1時間ほどして講演会場の天命舎に向かいました。

 今回の講演会の案内メッセージは以下の内容です。
「宇宙のリズムにそった生き方2018―変化と変容の波を超えて―」
毎年、天命塾にいらしていただいているはせくらみゆきさん。今年の講演会は、宇宙のリズムに沿った生き方として、今の時代ならではの話を、限定メンバーに向けてスペシャルトークでお届けします。
 最近は、国内のみならず、海外での活動も多くなっている彼女は、ますます時空を超えて楽しんでいる様子。その彼女が今、伝えたいメッセージとは何でしょうか?
 以下、はせくらみゆきさんからの言葉です。
「2018年の今は、パラレルな世界が確実に分化していって、それぞれの出す振動数の世界が、その人にとっての宇宙(世界)となっているようです。この傾向は、今後ますます顕著になるでしょうが、そんな中、自分が望むタイムラインをしっかりと選ぶこと、同時に望むタイムラインへクォンタムリープ(量子的飛躍)をするためにしたらいいことは何なのでしょう? 講演では、さまざまな具体例を挙げながら、タイムジャンプのためのコツをお伝えできたらと思っています。
 変容はすでに始まっています。私たちは、気づいたものから、さなぎから蝶なるのです。
 蝶として見る世界とさなぎとして見る世界は、見え方が全然違います。表れ方も変わってきます。
 そんな、蝶となって活躍する貴方のためのお話をさせていただければと思います。とりわけ、時空と次元の話、脳と意識の話、過去の思いの手放し方なども、テーマの中に入ってくると思います。
 あなた自身が強烈な磁石です。何を惹きつけ、表したいか? あなたの、新たなるステージへのお手伝いが出来たら嬉しく思います。夏の杜の都で、ご縁のある皆様とお会いできますことを楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します」

 今回は定員を越える申し込みを頂きました。ほとんど仙台、東北地方の方々で、仙台天命舎ならではの雰囲気の中で、初めてKさん聞く驚きの内容もお聞かせいただき、濃厚なみゆきワールドを楽しめました。

0 件のコメント:

コメントを投稿