2019年3月1日金曜日

1595「極上6」2019,3,1

 皆さんの宣言が終わりました。いよいよ交流会、昼食です。テーブルを設置して配膳して自由席で座ります。初参加の方はお導師に近い席です。先ずは皆さんで乾杯です。天命塾の恒例の乾杯の音頭は初めての方もいますので、本家本元のお導師にお願いしました。
「人に後ろ指をさされる事を恐れる事なく、これからも犯すであろう我々の数々の過ちに乾杯!」
 許されてある幸せです。



 次に料理を担当して下さったT,Nさんから料理の説明をしてくださいましたが、菜食で動物性が無い手作りのスペシャル弁当とその他の料理ですが皆さん美味しいと好評です。彼女は玄米自然食の「あかりんち」料理教室を宇都宮市内で開講しています。

 ホームページから紹介します。https://cookpad.do/owners/10303
伝統食からカフェ風スローフードまで、ほっこり楽しい料理
【コンセプト】 
毎日食べるもので体はできています。 料理不得意、忙しくても大丈夫。少ない調味料で驚くほど美味しい健康料理、家族も喜ぶ笑顔の食卓になります。 
そして・・・ 生活そのものが楽しくなるお料理教室です。
【先生】 T,N
玄米自然食『Akari Cafe』を経て、現在は『家族が喜ぶ!世にも楽しい玄米自然食料理教室』開催中
[経歴] 
自然食を学び、 独自のアレンジを重ね、ごく一般的な普通の方が美味しいと思え、また食べたくなるような食事を提供できる自然食カフェを目指して「Akari Cafe」をオープン。 
一般の方達に受け入れられるだろうか、と不安でしたが、 結果幅の広い層の方々に喜んで頂けました。 まだまだ無限大にレシピが湧いてきます。 
これからは、驚くほどに簡単で、美味しい健康的なお料理を ご家庭でもお作りいただけるお手伝いをさせて頂けたらと思い お教室を開設させて頂きます。 
皆様との一期一会。 美味しくて、にっこり。 心まで、ほっこり温まる時間 を楽しみに、お教室でお待ちしています。



 お導師がいつも用意して下さる地元のにごり酒も飲み干し、お酒が足りなくなり追加で日本酒とビールを買いに行くほどに、皆さん大いに歓談、盛り上がり交流を深める事が出来ました。初めての方も打ち解けて良い感じです。宇都宮の始めての方々も情報交換できて何か善きご縁がスタートする感じです。




 お導師を中心に皆さんが気兼ねなく集える場がある事はありがたい事です。私もお導師と奥様に改めてお話をしました。自分の思い込みですが、お導師には爽やかに、軽やかに悠々と思い残すことなく天界に行かれることを願っています。まだ、まだ用意は出来ていませんので、もう一つ足腰を鍛えて飛躍の機会をしっかり定めて頂ける様に、とお伝えしました。激励というか、苦言を呈しましたが、涙を浮かべて喜んでおられました。真面目な引きこもりは頂けません。次回、来年も新年信念会を引導下さることを強くお願いしました。お導師も再生して元気にきっと開催出来る事でしょう。

 次々とお導師の所に皆さんが集まり、女性の皆さまがお導師の身体に触れてエネルギーをしっかり注いでくださっています。するとだんだんに晴れ晴れしてきて顔にも張り、艶が出て来ました。嬉しいことです。お導師には色気が妙薬の様です。何しろ天性の持て男で楽しく生きて来ているので、女性のエネルギーは必須です。嬉しいそうに笑う、笑顔が素敵です。


 時間はあっという間に過ぎ16時を過ぎてしましました。片付けをして最後は皆さんと集合写真です。大輪の花が鮮やかに笑顔で咲きました。



 生老病死はこの次元の定めですが、この肉体を如何に旅立つか。PPKの大先達にはしっかりそこを生き抜いて、極上の教えをお示し頂きたい願いです。

 お導師の紹介です。
杉浦 清始 
 昭和12年生まれ。大卒後、証券会社勤務を経て、仏門に飛び込む。全国各地で互師互弟(ごしごてい)の姿勢で学びあい、魂を高めあいながら、現在は宗教の枠を超えた「宇宙僧」として、栃木県小山市に庵を構える。
 平成15年にガン(悪性リンパ腫)を発病するが自らの気づきと多くの方々からの愛により治癒、ガンが消滅。「自分で自分を自分する。今に生きる自分道」をモットーに自分自身イキイキと生き、悩んでいる人や苦しんでいる人に手を差し伸べるにとどまらず、自らが人と直接関わることでその人一人ひとりが持っている宇宙エネルギーを湧き上がらせる、自己実現への道標 「楽生面授」を実施。
 (株)トータルヘルスデザイン近藤洋一会長とともに「人生の終盤を、輝いて生き、輝いてあの世に還っていく」ことをテーマに、“イキイキワクワク人生の総仕上げサポート、「チャレンジPPK(ピンピン倶楽部)」を展開。「イキワク会主宰」。「あ・お・う会主宰」。
 著書:「ワクワクイキイキ生きるヒント」「頭は使うな心に聞け!」(日新報道)
「ガンから生還した僧侶」(長崎出版)

0 件のコメント:

コメントを投稿